最新記事見出し
検索された記事見出し
このページの記事見出し
日付リンクをクリックすると、その日のブログの記事一覧が表示されます
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
最近のコメント
  • メグミ・アカデミーからの週間報告(2008年12月12日)
    管理人 (10/06)
  • FP0967のクリスマスカードの翻訳の依頼をしました。
    nehejapan (12/15)
  • FP0844のクリスマスカードの翻訳の依頼をしました。
    nehajapan (12/15)
  • フィリピン料理のご紹介
    (10/17)
  • フィリピン料理のご紹介
    (10/15)
  • フィリピン料理のご紹介
    (10/09)
  • フィリピン料理のご紹介
    (10/07)
  • フィリピン料理のご紹介
    (10/07)
カテゴリー(記事の分類):以下をクリックするとそのカテゴリーの記事一覧が表示されます
バックナンバー(これまでの記事・年月単位)
携帯ブログ
qrcode
NEHA JAPAN Facebook
NEHA JAPAN Twitter
NEHA JAPAN Google+
NEHA JAPAN Youtube
NEHA JAPAN Blogger
NAOMI Facebook
NEHA.Philippines Facebook
MEGUMI Facebook

ホームページのメニュー

フィリピンの台風被災地パナイ島への救援活動(随時更新)


里親様、賛助会員様、ご支援をいただいている方々へ(2011年3月11日東日本大震災)



日本語HOME


NEGROS EDUCATIONAL HELPING ACTIVITIES INC.


NPO Megumi Academy
NPO MEGUMI ACADEMY


バコロド食べ歩き
(バコロド在住日本人のブログ)


NEHAニュース 第53号/2013年4月発行★ネット公開用

カテゴリー:NEHAジャパン事務局より

NEHA代表 辻野ナオミよりのメッセージ

里親会員の皆様、賛助会員の皆様、NEHAをご支援してくださっている皆様へ

こんにちは!

この3ヶ月の間、フィリピンは島のいたるところで、何度も災害に見舞われています。でも、非常に貧しい国ですので、被災地はいまだに、私たちの救援を心から求めています。

去る2月、NEHAフィリピンは3日間、台風パブロ(※ミンダナオ島を直撃しました)の被災者の救援活動を「リフト・ア・バーデン(重荷を引き上げよう)」活動団体に協力する形で行いました。「リフト・ア・バーデン」活動は、西ビサヤのキリスト教団体が組織したものです。

私たちは被災地で食料品、加工食品、米、古着や子供用の新しいスリッパを配りました。現在でも、避難所は災害で家を失った人でいっぱいです。台風の巨大な爪あとは、アンダップ地区のコンポステリャ・バレーに、地図上でもグランド・ゼロ(破壊された場所)として残しました。

NEHAフィリピンは、来る7月に再び訪れ、被災した地域の生徒たちに、学用品、スクール・バッグ、靴などの物資を配る予定です。

彼らに是非、ご支援の手を差し伸べて下さい。ご寄付でも物資でもかまいませんのでお願いします(送り先は後述)。NEHAを通じてお願いします。皆様からのご支援を心よりお祈りしています。

また、NEHAの25周年にあたり、フィリピンへの教育支援活動により、苦しんでいる家族が希望を失わないように援助し続けて、道を切り開いてきました。どんなささいなものでも、彼らにほほえみを、明日はもっとよくなるという希望に心が満たされる微笑を生み出しました。

この業績は皆様の寛大で親切なお気持ち無しでは為しえませんでした。恵まれないネグロスの子供たちに始まり、今ではこの国の他の地域の子供にまで。心よりお礼を申し上げます。今後もなにとぞ、引き続きNEHAへのご支援をよろしくお願い申し上げます。

つきましては、6月2日にシルバー・アニバサリー(25周年記念の行事)を「シルバー・ライニング(希望の光)」をテーマに行いますので、ご予定のほどよろしくお願いします。今回のテーマのモットーは、

ネグロスの子供たちに希望を

より良い教育への希望を

NEHAが使命として続ける希望を

皆様のためのプレゼンテーションを準備していますので、是非ご覧下さい。

私たちNEHAフィリピンのだれもが、特に皆様の里子が、お一人お一人に感謝の言葉を述べたくてお待ちしております。是非、ご参加下さい。今年のNEHA里子訪問旅行は、どなたにも思い出深いものになるでしょう。

もう一度、お礼を申し上げ、神のご加護が皆様にあるように祈ります。

NEHA代表 辻野・パルコン・ナオミ

To all our Foster Parents, members and Supporters:

Greetings!

Philippines these past 3 months has been under rehabilitation from the calamities that went through the archipelago. Being an impoverished country, the affected communities are still in need of aid from our brothers and sisters with kind hearts. Last February, NEHA Philippines went on a 3-day relief mission for the victims of Typhoon Pablo in partnership with Operation: Lift a Burden. Operation: LAB is an organization founded by a Christian group here in Western Visayas. We went there and distributed groceries, ready to eat food, rice, used clothes and new slippers for the children. Even up to now, evacuation sites are still filled with families who lost their houses in this catastrophic event. Its aftermath left a huge scar in their map, the Ground Zero in Brgy. Andap, Compostella Valley. NEHA is committed to go back there this coming July with goods for the affected school goers this time around. We aim to distribute school supplies, school bags and shoes. We know that you too, would like to extend your help to them and you can do that by donating cash or goods to NEHA. You can definitely share through NEHA! We hope and pray that we will again be flooded with the support coming from our beloved Japanese friends.

On the 25th year of NEHA, our path in aiding Filipinos' education has innovated to helping afflicted families not to lose hope. Every little bundle of goods gets a smile, a smile that lifts their hearts with hope that there is a better tomorrow.

This milestone will not be possible without your generosity and kindness; first, to the less privileged children of Negros and now the rest of the country. Please accept my sincere and humble thanks! I hope that in the coming years, you will be continuously blessed for we know that just as before, you will share those blessings.

And with that, let me ask you to mark your calendar because on June 2nd, we celebrate with you our silver anniversary, with the theme "The Silver Lining." Our theme speaks of :

            the hope you give for the children in Negros,

            the hope to get better education,

            the hope that NEHA will still continue its mission

We have an array of presentations prepared for you and we ask that you don't miss it.

Everyone in NEHA Philippines especially your foster children is very much eager to say their thanks in person. We hope to have you in this momentous event. We want this year's NEHA Tour to be exceptionally memorable for everyone.

Again, thank you all and God bless you!

Naomi Parcon Tsujino  President, NEHA Japan

里子訪問旅行2013のお知らせ

※各自が寄り合って旅行をするスタイルです。みなさんで協力し合って旅行をお楽しみ下さい。

    日程:2013年6月1日(土)〜6月5日(水)

Ø        6月1日(土) 関西国際空港〜マニラ空港〜新バコロド・シライ空港

Ø        6月2日(日) シルバー・アニバサリー(25周年記念の行事)※後述

Ø        6月3日(月) 里子訪問

Ø        6月4日(火) ネグロス観光

Ø        6月5日(水) 新バコロド・シライ空港〜マニラ空港〜関西国際空港

    費用:15万円
 (空港使用料は除きます。フィリピンペソで、各空港にて各自でお支払い下さい。)
航空機チケット、宿泊費、食費3食付、現地での交通費(マイクロバス貸切)など
※この日程にあわせて、マニラ空港で合流&解散なさる方は、事前にご連絡下さい。

    申し込み方法:電話・Eメール・封書・葉書・FAXでご連絡ください。
※当方から申し込み受付の連絡がない場合は、携帯(パソコン事務担当:****)までご連絡下さい。

    申込締め切り:2013年5月16日(木)

    振込締め切り:2013年5月23日(木)

Ø        振込用紙を同封してしますが、念のために記しておきます。
振込先:ゆうちょ銀行 01170-4-30616 ネグロス教育里親運動・宝塚会

    人数が多い場合は、過去に参加された方に、旅行のまとめ役をお願いする予定です。

    里親会員以外の方(賛助会員・ボランティアの方々)も参加できます。

    個人的な自由行動をお考えの場合は、お申し込みの時にその旨をお申し出ください。

    現地での里親様の行動には、必ずNEHAフィリピンのスタッフが同行します。

25周年記念行事式次第

NEHA ANNIVERSARY 2013 PROGRAM SEQUENCE

Time

(時刻)

Duration

(分)

PROGRAM

(式典内容)

1300

60

Assembly(集合)

1400

60

Motorcade(自動車でのパレード)

1500

60

Registration(会場入場受付)

1504

4

Prayer(お祈り)

1507

3

Japanese National Anthem (日本の国歌)

1510

3

Philippine National Anthem (フィリピンの国歌)

1514

4

Emcee Introductions: (司会の開会宣言)

1519

5

Call out of all centers (各地区の里子入場)

1534

15

Welcome Remarks -Naomi Tsujino (Fil) 辻野ナオミのあいさつ

1604

15

Welcome Remarks- ツアー参加者代表の方のあいさつ

1634

30

EARLY DINNER - Poi Dancers and Drum Beaters(軽食|炎のダンス・ドラム演奏)

1649

15

25 - Year history , the birth of NEHA- Rev. Melecio Parcon JR. (25年間の歴史 メレチオ・パルコン・ジュニア牧師:ナオミの兄)

1705

35

1-5 Presentations(プレゼンテーション1〜5、踊りや歌、演奏など)

1740

15

NEHA MilesStones- Christine P. Salvador(NEHAの業績 クリスチン・P・サルバドール:ナオミの妹)

1755

35

6-10 Presentations(プレゼンテーション6〜10、踊りや歌、演奏など)

1830

30

Recognition(里親様への表彰式)

1900

15

The future of NEHA (plans); Videos(NEHAの未来・計画、ビデオ)

1915

5

Special Number(サプライズナンバー)

1920

15

Announcement of Winners(プレゼンテーションの当選者発表)

1935

10

Closing Message and the challenge(閉会のことばと誓い)

1945

2

Community Singing(地域の歌合唱)

1950

5

Lion Dance (中国式獅子舞)

2035

45

Exit/Distribution/Lion Dance in the Background(退場|学用品伝達式|中国式獅子舞を背景に)

寄付のご入金先

NEHAニュースには、毎回、振込用紙を同封していますが、念のために
振込先:ゆうちょ銀行 01170-4-30616 ネグロス教育里親運動・宝塚会

ご寄付の( )内に(台風)とご記入下さい。

古着・古靴などの送付先

 ※NEHA宝塚会にはお送りにならないで下さい。

急ぎますので、マーメイド便(電話 0120-996-929)で、以下にお送り下さい。送料はご負担下さい。

NEHA-FOUNDATION Inc.

105, Greenplains, Bacolod City, Philippines, 6100

TEL:034-708-8212

里子への英文手紙の送り先の変更のお知らせ

これまでは、郵便局の私書箱を使っておりましたが、バコロド市内の郵便事情が改善してきましたので、里子への英文手紙を送られる場合、封筒のあて先には、以下のようにお書き下さい。

TO:里子の名前(里子番号)

C/O NEHA-FOUNDATION Inc.

105, Greenplains, Bacolod City, Philippines, 6100

行事のご報告とお礼

(ブログ・フェイスブック・グーグルプラスで写真を掲載しています)

皆様のご協力で、盛況のうちに終えることができました。ありがとうございました。

     2013年3月9日(土)・10日(日) 宝塚市国際文化センターにて 宝塚NGO活動紹介展

里子の家庭の経済的自立と里子の自主的退会について

数年前より、里子の親の経済的自立(収入が月6000ペソ:14千円を超えるなど)や、親戚などの援助、政府などの特待奨学生に選ばれるなどで、里子がNEHAを自主的に退会するケースが出て来ています。これは、NEHAがずっと目指してまいりました、ネグロスの貧しい人々の自立への大きな一歩だと喜んでおります。

ここまでたどりつけたのは、長い間支援してくださった里親様のおかげです。心よりお礼を申し上げます。でも、ネグロスには学用品を買ってやる余裕すらない家庭の子供が、まだまだたくさんいます。そういう子供たちに支援の手を差し伸べていただけないでしょうか?自主的に退会した元里子たちも是非にとお願い申しております。

里子の家庭の自立支援活動の商品について

NEHAフィリピンでも女性の自立支援活動などで、里子の家庭が少しでも経済的に自立できるように支援を続けています。その活動によって作られた商品は、活動紹介展やバザーなどで販売しています。今年秋にも、宝塚ソリオのエスニックコレクションやKGCF(神戸グローバル・チャリティー・フェスティバル)に参加します。

ほとんど売り切れとなる、フェルトの小物のお弁当箱セットやクリスマス用アクセサリー(※注1)以外にも、昨年より、かぎ編み商品(※注2)も作って販売していますので、是非お買い求め下さい。それが里子の家庭の経済的自立につながり、里子の自主的な退会につながります。

なお、お送りすることもできますので、ご希望の方はNEHA宝塚会にご連絡下さい(送料はご負担願います)。

※注1 フェルトの小物作りは、伊丹の団体SAKURA様の長年のご支援・ご指導によります

※注2 かぎ編みは、NPO法人宝塚市国際交流協会TIFA様の2011年度助成金で作成指導できました

里子との直接連絡はご遠慮下さい

里子との連絡は、すべてNEHAを通じてお願いします。直接のご連絡はご遠慮下さい。

Eメール、ブログ、ホームページ、Skype、Facebook、Twitter、Google+など、インターネットを使っての、メッセージの直接のやり取りもご遠慮下さい。

NEHAが1987年からずっと活動を続けることができたのも、会員の皆様の節度あるご支援のおかげと存じています。フィリピンには、まだまだたくさんの学校に通えない子供たちがいます。NEHAは、そういう子供たちが自立するための教育支援の拡大を図ってまいりますので、今後ともよろしくご支援をお願いします。

代表の辻野ナオミのフェイスブック

代表の辻野ナオミは、現在、フェイスブックでいろいろと情報を発信しています。

ご覧になりたい方、辻野ナオミとフェイスブック上で交流なさりたい方は、是非アクセスしてみてください。

Naomi Parcon Tsujinoで検索なさると、すぐに見つかります。

なお、ご自身が会員であることや里子についての質問などは極秘内容であるため、フェイスブック上での投稿はご遠慮下さい(NEHAフィリピンや、メグミ・アカデミー、MITC、NEHAジャパンなどのフェイスブックでも同様)。

極秘内容のお問い合わせは、NEHAジャパン(NEHA宝塚会)に直接、お願いします。

|コメントはこちらをクリック→ comments(0) | - |
 
コメント一覧









里子への手紙の翻訳が不要な方へ フィリピンに手紙を送るときのお願い

  • 封筒の差出人の住所は必ず、以下のようにして下さい(里親様の住所を書かないで下さい

    • c/o Negurosu Kyoiku Sato-oya Undo Takarazuka-Kai
      9-6, 3-Chome, Obayashi, Takarazuka City, Hyogo, 665-0034, Japan

  • 封筒の宛先の住所は必ず、以下のようにして下さい

    • c/o NEHA Inc. (またはNegros Educational Helping Activities Inc.)
      P.O.Box159, Bacolod-City, PHILIPPINES. 6100

里子の消息がわかる経路

  • ネグロスの里子の家には、携帯電話はもちろん、固定電話もありません。

  • そのため、里子や里子の家への電話連絡はできないのです。

  • 里子の消息がわかる経路

  1. 里子→コーディネーター

    • 月1回、コーディネーターとその地区の里子たちが一堂に集まる懇談会

    • 無断欠席した場合、翌月や翌々月以降に消息がわかることになります。

    • 地域によっては、月1回の懇談会すら開けない場合もあります。

  2. コーディネーター→フィリピンのNEHA Inc.

  3. フィリピンのNEHA Inc.日本のネグロス教育里親運動・宝塚会(NEHA)

  4. 日本のネグロス教育里親運動・宝塚会(NEHA)里親

  • このような状況のため、退学させられて働かせられていたり、引っ越していたりするのがわかるのが、相当あとになることがあります。

  • ですから

    • 「卒業した里子は、今どうしているのか?」
      というようなご質問にお答えするのにも相当時間がかかったり、お答えできなかったりする場合もあります。

  • このような状況を十分ご理解くださった上で、ご支援くださるようにお願い申し上げます。

NEGROS EDUCATIONAL HELPING ACTIVITIES INC. NEGROS EDUCATIONAL HELPING ACTIVITIES INC. NPO Megumi Academy MITC(メグミ・インフォメーション・テクノロジー・センター) バコロド食べ歩き
  • NEHA Inc.
    (NEGROS EDUCATIONAL HELPING ACTIVITIES INC.)
    (英語)

    • フィリピン証券取引委員会(SEC)に登録承認された非営利団体(NPO)です。

    • OIC : ジョナリン・マグビライ

    • 手紙の郵送先

      • NEHA Inc.(またはNegros Educational Helping Activities Inc.)
        P.O.Box159,Bacolod-City,PHILIPPINES.6100

    • 物品の送り先

      • NEHA Inc.(またはNegros Educational Helping Activities Inc.)
        105th St., Greenplains Subd., Singcang, Bacolod City, Negros Occidental, Philippines

    • TEL:日本からかける場合(例:KDDI電話J:COM PHONE

      • 国番号63-市外局番34-電話番号708-8212

    • FAX:日本から送る場合(例:KDDI電話J:COM PHONE

      • 国番号63-市外局番34-電話番号433-1916

    • ホームページ:https://nehajapan.com/eng/(英語)

    • メールフォーム(英語)


※人名や団体名の掲載については、代表がすべて了解(暗黙の了解含む)を得ております。
もしも、削除をご希望の方はご連絡ください。確認の上、早急に対応いたします。

↑このページの先頭へ↑